スポンサードリンク

国土交通省のホームページは情報がオープン


国土交通省のプレート
日本を司る省庁のホームページを閲覧するときは、項目別にきちんと分けられた内容を知ることが肝心です。
ホームページで全てを把握することは厳しいですが、日頃から国の組織に強い関心を持つ行動が歓迎されるべき内容です。
社会で抱える問題に真正面から答えていく意向を持っている国土交通省は、一般人にとって大きな存在になっています。
世界で叫ばれる領空へ介入したミサイルを撃破させるレーダーも兼ね備えており、我が国の安全の水準を高い位置まで持っていくことへ貢献しています。

ホームページを分かりやすく親しみがあるデザインへ工夫していくことになれば、航空局の意向や各部署へ配置する人事に賛同できる意見が増えていきます。
大切な事柄は、信頼を得る行為そのものです。

レーダーや防災について


国土交通省は交通の他に、気象に関するデータも扱っており、雨雲・河川などの推移や航空局で必要となる内容もリアルタイムで公開しています。
最新のレーダーを知ることができれば、専門職の方はよりスムーズな仕事が可能になりますね。
正確なデータがほしいという意見が圧倒的に多いので、国土交通省のこうした内容には感謝する動きが出ています。

さらには、地方整備局が全国に8箇所あり、防災情報や道路交通情報、雨雲や雨量など、地域ごとに安全に関わる情報を提供しています。

  • 東北地方整備局:青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島など
  • 関東地方整備局:埼玉・千葉・茨城・栃木・東京・神奈川・群馬・山梨
  • 北陸地方整備局:石川・富山・長野・新潟・群馬など
  • 中部地方整備局:静岡・名古屋・岐阜・愛知・三重
  • 近畿地方整備局:京都・大阪・奈良・兵庫・和歌山・福井
  • 中国地方整備局:鳥取・岡山・島根・広島・山口
  • 四国地方整備局:徳島・香川・愛媛・高知
  • 九州地方整備局:福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・鹿児島・宮崎・北九州


スポンサードリンク




国土交通省のガイドラインは賃貸を守る


国土交通省には賃貸のガイドラインがあります。
不動産賃貸の場合、退去する時に部屋を現状回復する必要があります。
その内容によって、貸す側が直す場合、借りる側が直す場合がありますよね。
そこで揉めるケースは結構多いです。
そのため、未然にトラブルを防ぐために、国土交通省が一般的なガイドラインを定めました。
それにより、経年劣化や通常の使用で起こった損耗の費用は貸主が払う事になりました。
このガイドラインはかなり判断しやすくなっていますので、今は退去時のトラブルをあまり効かなくなりました。

公共事業の積算基準関係の資料はこちらにまとめられています。
http://www.mlit.go.jp/tec/koujisekisan.html
資料によっては、今は電子納品に対応しています。

国土交通省には入札情報サービスがあります。
サイトでは、工事検索・業務検索と2つの検索方法があります。
MAP検索も出来ますし、参加発注機関名から選ぶ事も出来ますので、機能的でわかりやすく作られています。

国土交通省航空局


国土交通省航空局は、主に経済の活性化と国際競争力を向上させる事が役割になっています。
  • 外国人旅行者を増やし、観光への経済効果を促進
  • 航空便によって、国内の移動を円滑にし、地方から経済の活性化を目指す
  • 国際競争力を高めるための基盤をつくる
  • 航空輸送力を強化して、都市の再生、地域や国際交流を拡大し、国際競争力をアップ
簡単にまとめると、上記を役割として運営されています。

採用やインターン


国土交通省の採用は職種別に発表されています。
  • 総合職(事務系)
  • 総合職(技術系)
  • 一般職(大卒)
  • 一般職(高卒)
  • 造船食職員
現在では、この4つの職種が募集されています。
時期によっては総合職の中途採用もあります。

まずは説明会に参加する必要がありますので、ホームページでスケジュールを確認してから参加してみてください。

総合職の技術系では、インターンシップの募集もあります。
国土交通省本省、地方支部局、施設等機関/特別の機関など、受け入れ先は多岐にわたります。
研修内容は、グループワークが中心のようで、学生同士や職員と意見を交換する場面があります。

スポンサードリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ