スポンサードリンク

東武百貨店と本店


東武百貨店
東武百貨店とは、1960年9月1日に発足した、東京都豊島区の池袋にある百貨店です。

■レストラン街を中心とした変革

発足後1年半をかけて、1962年5月29日に池袋本店が開店しました。
1964年、当時池袋にあった東横百貨店の譲渡を受け、売場面積24,796平方メートルと、池袋でいちばん大きな百貨店となりました。

霞が関ビルの「高層ビル」が話題になっていたころ、新宿の小田急百貨店が地上14階、地下2階の大きなビルを完成させ、その上層階に三省堂書店と食堂街を誘致しました。
その成功例にならったのか、1971年11月11日池袋本店を増改築、ニックネームとして「ぶらんで~と東武」を名乗り、高層階に旭屋書店とレストランを誘致しました。地上15階、地下2階と、小田急より1フロア高くしています。
当時、池袋には国鉄の駅をはさんで西武百貨店もパルコ(旧丸物池袋店)もあり、現在もライバル関係にありますが、この時期の大規模な改革は池袋に来る人たちを驚かせたものです。
のちに西武百貨店も12階まで増床を行っていますが、「Loft」として立ち上げたもので、レストランは8階にまとめています。

1990年10月1日、「親切一番店運動キックオフ」で、対面販売ならではの、店員のプロフェッショナルとしてのアドバイスを生かすことをめざし始めました。

同年11月24日にレストラン街は「スパイス池袋東武」としてオープン、2016年2月26日に、再度リニューアルオープン。
49店のレストランと、2店の美容サロンを擁する、さながらひとつの街とも思えそうな、大規模な食堂街をもっており、休日前は空席待ちのお客さんたちをよく見ます。

東武百貨店池袋本店は鉄道、地下鉄の池袋駅から地下道でつながっていて、アクセスはたいへん良好で、取り扱うブランドはなんと905店。しかも「親切一番店」です。
買い物をする上で、それがスイーツのような食べればなくなってしまうようなものであっても、きちんと相談に乗ってくれる店員さんがいてくれる百貨店なのです。

■お客さんが望む巧みな誘致

高級ブランドもありますが、お客さん目線で希望するお店も入れているのが、東武百貨店の特徴です。
スターバックスカフェ、メガネのJINSもあります。鳴り物入りで誘致したユニクロは9、10階と2フロア使っています。
そして、この夏、ニトリが6階にオープンしました。
あのお店がここにあったらいいのにな、というお客さんの希望を巧みにとらえていると考えます。
ニトリは郊外のお店が多く、鉄道でしか行動しない人にとっては行きづらいことも少なくありません。
あれが都心にあったらな、という希望をすくい上げた、みごとな誘致だったと考えます。

スポンサードリンク




東武百貨店の店舗


東武百貨店:池袋店、船橋店
東武宇都宮百貨店:宇都宮店、大田原店、栃木市役所店

栃木県の東武宇都宮百貨店は別法人ですが、グループ会社です。

■営業時間・電話番号

曜日や季節によって営業時間が変わることがありますので、来店の際はサイトでチェックしてから行くのがおすすめです。
もしくは電話をかけて確認してみてください。

基本、売り場は午前10時~午後8時。
プラザ館、B2F~3F、6F(3~7番地)、9F・10Fは日曜・祝日を除く毎日午後9時まで営業。

レストラン街スパイスは営業時間が異なります。
レストランは14,15階は11時~23時、
11,12,13階は11時~22時です。
電話は03-3981-2211 (代表)です。

■アクセス
行き方は簡単で、池袋駅直結です。
東武東上線の方へ向かっていくと見つかるでしょう。

東武百貨店の催事・イベント


催事場は、現在は8階になりました。
いちばん人気で、季節ごとに行われるのが「北海道物産展」で、休日の夕方に行くと店内を歩くのがたいへんなほどの人気です。
かに系のお弁当が定番人気ですが、最近はステーキ弁当も人気になっています。
チーズケーキ、ソフトクリーム、チョコレートなどのスイーツも売れています。
イートインも店外で待つ人がいる人気です。
現在はだいたいのお店がレギュラーで来るような感じになっていますので、あのお店であれを買おうと、最初から目をつけている人も多いようです。
「大九州店」も双璧の人気です。要するに、なかなか行けない遠い場所の物産展にお客さんが集まる、ということですね。

北海道物産展も定期的に開催しています。

池袋本店では、2017年7月20日(木)~26日(水)にサンクスフェアも開催しています。
お得なバーゲンセールが定期的に開催されています。


お得なカード


最後にふれておきたいのが、オリジナルのクレジットカードの存在です。
カードを提示すれば、原則、現金精算でも5%引きです。
つながっている地下のファッション街「ホープセンター」でも5%引きになります。
東武百貨店、ホープセンターでお買い物をすることの多い方は、ぜひ作っておきたい1枚です。

以上、東武百貨店について述べてきました。日本有数の売り場面積のお店は、比較的広くてゆったりと買い物ができます。
もし池袋にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

スポンサードリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ